2年あまりのアメリカ単身生活を終え,2010年9月から日本で活動再開.子供の頃に記憶された「脳の中の原風景」を頼りに,ふるさとの自然の良さを探す心の旅に出ています.
by pmc-beetle
カテゴリ
全体
車・エコ・エネルギー
自然・動物
身近なできごと
戦争
食生活
健康
旅行
人生・雑感
コンサート
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
お気に入りブログ
Sippo☆のネイチャー...
最新のコメント
クマゼミの体格はアブラよ..
by pmc-beetle at 13:00
クマゼミ、いつか見てみた..
by Sippo5655 at 22:10
変な進み方をする台風が増..
by pmc-beetle at 07:42
「逆走台風」なる言葉はこ..
by Sippo5655 at 22:47
梅雨前のこの時期はほんと..
by pmc-beetle at 13:56
浸っちゃいました~~♪ ..
by Sippo5655 at 21:50
新緑に囲まれる今が一番で..
by pmc-beetle at 10:37
青空と、初々しい緑と・・..
by Sippo5655 at 22:12
連休が始まっていますが,..
by pmc-beetle at 09:55
すみません、英文はほぼわ..
by Sippo5655 at 22:23
メモ帳
最新のトラックバック
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
真夏から秋へ 2018
at 2018-10-14 15:03
立秋過ぎたんですけど・・・
at 2018-08-11 12:07
A Summer Day
at 2018-07-29 00:26
Walking in Green
at 2018-05-20 01:07
Spring 2018
at 2018-05-03 17:48
Frozen April C..
at 2018-04-19 17:03
春が来た! 2018
at 2018-03-18 16:56
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:旅行( 49 )

Frozen April CHICAGO!

-2℃! (April 15 and 16, 2018).

I visited Chicago from April 14 and 18, 2018.
Terribly cold, windy, and even snowy!
(Rather warm up to about 25℃ in Japan, though)
Anyway, my tiny UNIQLO jacket was powerless.
The photos below remind me chilly weather.
c0312063_15240402.jpg
c0312063_15251119.jpg

But once entering inside, it was heaven!
We got together to have nice steaks at Lawry's (The Prime Rib).
c0312063_15255163.jpg
You can see good performance, and receive excellent serving.
c0312063_15260314.jpg
c0312063_15261160.jpg

On April 17, 2018, I appreciated paintings at The Art Institute of Chicago.
This is the 2nd visit, but last time I had little time to concentrate.
So I focused on impressionism and post-impressionism,
including Monet, Renoir, Degas, Cezanne, and Gogh etc.
Surprisingly, this museum has many Monet's works as follows.
c0312063_15313470.jpg
Monet "Apples and Grapes"
c0312063_15313562.jpg
Monet "Stacks of Wheat (End of Summer)"
c0312063_15314597.jpg
Monet "The Petite Creuse River"
c0312063_15314459.jpg
Renoir "Seascape"
c0312063_15315419.jpg
Cezanne "The Bathers"
c0312063_15321196.jpg
Cezanne "The Plate of Apples"
c0312063_15322203.jpg
Cezanne "The Vase of Tulips"
c0312063_15323171.jpg
Degas "Green Dancers"
c0312063_15324797.jpg
Gogh "The Drinkers"
c0312063_15325335.jpg
Gogh "Grapes, Lemons, Pears, and Apples"

Leaving the museum, I presented my research work at AACR 2018.
After that, I gave a lecture on "HCV and HCC in Japan" to clinical doctors of Rush University Medical Center. They looked quite interested in Japanese way of HCV treatment and management of advanced HCC. The meeting was an exciting experience for me.
c0312063_16254146.jpg
Now I am in Narita Airport, writing this article (around 5:00 pm, April 19, 2018).
The last photo is "drifting ice in the Sea of Okhotsk" taken from ANA aircraft.
So beautiful!
c0312063_16582418.jpg

See you! 165.png


[PR]
by pmc-beetle | 2018-04-19 17:03 | 旅行 | Comments(2)

The Imperial Palace

The Imperial Palace in Tokyo

The Palace is the residence of the Emperor and Empress of Japan.
It is formerly known as the Edo castle, which was built by the first Shogun Ieyasu Tokugawa (1543 - 1616).

It is an oasis in the center of the technopolis Tokyo.
Like those who often come to Tokyo seldom walk into the castle, I have never been inside the castle until January 21, 2018.
It was a cold but sunny Sunday morning....


I started my short trip from the Tokyo Station, which has just been renovated.

c0312063_14351875.jpg

A new wide street straightly stretches to the Palace.
c0312063_14351779.jpg
c0312063_14351995.jpg

Walk along this street, you will find the castle (Palace).
Then, turn to the right along moat(堀) surrounding the castle, you will reach Otemon Gate(大手門)(↓). It is one of the entrances to the East Gardens of the Imperial Palace. It is FREE!103.png
c0312063_14352133.jpg
c0312063_14352223.jpg
c0312063_14352358.jpg

Castle's stone walls (↓)
c0312063_14384301.jpg


Passing big stone walls and old trees, you will come up to Honmaru(本丸) of the castle.
Over 400 years ago, Honmaru was constructed as the core of the Edo castle, which included headquarters and residences for Shogun, his family, and lots of staffs.

c0312063_14384467.jpg


Unique bamboo! (亀甲竹
(The former Emperor loved bamboos.)
c0312063_14391551.jpg
Here you come to Tenshudai(天守台), the base for a main castle tower, which was first built in 1607.
The third and the last one built in 1638 was 58 meters high, the highest and largest castle main tower ever built in Japan. It burnt down in the great fire in 1657.
c0312063_14391612.jpg
c0312063_14393834.jpg
c0312063_14393979.jpg
(Viewing from top of the base of the Tower)


c0312063_14401491.jpg
c0312063_14401520.jpg
寒桜(↓):Winter-blooming cherry trees
c0312063_14404197.jpg

c0312063_14404270.jpg
Saying Sayonara to the Palace, I started to walk along the moats.
c0312063_14404357.jpg
c0312063_14410149.jpg
c0312063_14410290.jpg
c0312063_14410321.jpg
c0312063_14410415.jpg
...I shared happy time with many active runners running around the Imperial Palace.


On the same day, I stopped by at 「ビートルズ展「Ladies and Gentlemen... THE BEATLES!」 」.
There were nostalgic stuff, guitars, bass, and costumes etc....

c0312063_14410554.jpg
c0312063_14412552.jpg
c0312063_14412637.jpg
c0312063_14412773.jpg
c0312063_14414394.jpg
c0312063_14412756.jpg
(Costume they put on at Shea Stadium in NY, 1965)

c0312063_14412804.jpg
c0312063_14414395.jpg
c0312063_14414402.jpg


It is extremely cold in this winter.
They say that another or more cold wave may hit all regions of Japan.
Take care!

See you!165.png



[PR]
by pmc-beetle | 2018-02-03 17:01 | 旅行 | Comments(2)

Washington, D.C. 2017

Although I am not sure how many times I visited Washington, D.C., this stay between Oct. 21 and 25, 2017 gave a special impact on my mind.

First, as usual, I enjoyed walking around the monument and surrounding museums.
c0312063_16021137.jpg

It was a fine day, and I felt more comfortable in DC than in Japan with cold rainy days.

Our hotel was POD DC Hotel in downtown, which is very close to China Town.
c0312063_15591286.jpg
A Rooftop Bar of our hotel attracted me, and we went there.
It had a nice view of DC, showing the illuminated Monument.
c0312063_15591546.jpg
c0312063_15591944.jpg
c0312063_15591734.jpg

Looking for spare time in the period of medical meeting, I visited "Holocaust Memorial Museum".
c0312063_16021238.jpg
c0312063_16021419.jpg
Soon after I entered the exhibition room, shocking photos and movies jumped into my eyes.
Of course, I had critical knowledge and information about what was done in Auschwitz by Nazi, but the real ones were beyond description.

Train car, which carried victims to the death place(↓).
c0312063_16021669.jpg
Door of Gas Chamber:ガス室の扉(↓)
Uncountable Jewish and non-Jewish people were suffered and killed behind the door.
c0312063_16021854.jpg
The victims had to take off their clothes and shoes before taking a "shower", that was never a real shower but killing gas.
I was lost for words seeing huge piles of women's shoes (↓).
c0312063_16042945.jpg
c0312063_17340310.jpg
What happened in Auschwitz seemed to be a reflection of insanity and brutality hidden deep inside our minds.
"Never Again"....
Quite similar message also seen in Hiroshima.
c0312063_16043177.jpg

The below is another story.
Before flying to DC, I dropped at Asakura district (Oct. 7), where heavy rainfall and flood destructed houses and infrastructures (July 5, 2017), including roads and bridges.
Owing to warm-hearted help from volunteers, the situation was getting better. But it may need longer time to regain beautiful nature and people's ordinary lives.
c0312063_15565899.jpg

On the same day (Oct. 7, 2017), I walked around my neighborhood. It is my routine.
Rice fields turned into yellow in color, showing nice contrast to blue sky.
Hope this calm and peaceful place lasts forever.
c0312063_15570051.jpg



Oh, I nearly forgot reporting steak and wine in Washington, D.C..
The below is New York Strip. So nice, but I regret not having Filet Mignon.
In this restaurant (Ray's the Steaks(http://www.raysthesteaks.com/home.html)), the latter was better.
c0312063_16043500.jpg
Wine was beautiful.
We can get one on the Web in Japan.
c0312063_16043381.jpg

While I was taking a rest on my blog, it is getting closer to the end of this year!149.png
I should re-activate my mind for pile of work.

See you!165.png



[PR]
by pmc-beetle | 2017-10-29 18:53 | 旅行 | Comments(4)

KENZO ESTATE WINERY GION in Kyoto

I had long been desiring to visit KENZO ESTATE WINERY GION in Kyoto.
It is a prestigious wine-centric restaurant, and the chance came on July 14, 2017.
But it took over 10 minutes to reach there after getting off a taxi, because it was hidden behind "Noren" (short split curtain in front of the door) saying just KE (Kenzo Estate).
c0312063_11031531.jpg
c0312063_11031788.jpg

Kyoto in summer is so beautiful, but it may be difficult or risky to walk around under strong sunshine.174.png
If we dare to do that, find stream running nearby as an oasis for us (↓).

c0312063_11003500.jpg

Here we came to the restaurant!
We were invited to a reserved room on the 2nd floor.
c0312063_11013016.jpg
Movie on the history of KENZO ESTATE in Napa Valley California was being displayed.
It told why the owner Kenzo Tsujimoto chose this place in Napa and how he created such jewel-like wines.
c0312063_11013463.jpg
If you visit with your partner, you would stay at bar-style seats on the 1st floor. The 1st floor's appearance (↓) quite resembles that of the original wine shop at KENZO ESTATE of California.
Please visit my previous blog article「サンフランシスコ 2015」:
http://pmcbeetle.exblog.jp/25018684/
c0312063_11031380.jpg
We can taste 7 kinds of their products, including "Asatsuyu (あさつゆ)", "Yui (結)", "Asuka (明日香)", "Rindo (紫鈴)", "Murasaki (紫)", "Ai (藍)" and "Muku (夢久)".
c0312063_11003707.jpg
c0312063_11014552.jpg
It is interesting (↑). Magnum bottle of "Asatsuyu"!
The label is unique.
But it was not affordable for us....117.png
c0312063_11030940.jpg
c0312063_11014332.jpg
c0312063_11031102.jpg
Cuisine was well designed and served for each wine.
The timing was also the best.
c0312063_11003978.jpg
c0312063_11004165.jpg
c0312063_11004481.jpg
The below featuring beef was served for the "full body" bottles "Murasaki" (Merlot-based blended red) and "Ai" (Cabernet Sauvignon).

c0312063_11004809.jpg
c0312063_11004651.jpg
The glass for "Ai" was from Zalto!
It was so delicate, and it immediately made us gourmet.
c0312063_11013691.jpg
Still feeling excited with wines and cuisine, we enjoyed dessert with the ending sweet wine "Muku".
c0312063_11014087.jpg

It was such a warm night that we saw many people resting by the river.
c0312063_11031982.jpg
Now "Murasaki" and "Ai" are resting in my tiny wine cellar.
Of course they are half bottles, because my secret savings are too small....103.png
c0312063_11032145.jpg

Enjoy your summer!
See you! 165.png


[PR]
by pmc-beetle | 2017-08-11 15:46 | 旅行 | Comments(2)

The World Heritage "Miyajima"

When I visited Hiroshima Atomic Bomb Dome last June, I went on to Miyajima by ship.
Miyajima (or Itsukushima) is also well known as a World Heritage Site.
c0312063_14074845.jpg
Perhaps it is my second visit to Miyajima.
Last time I came here at "high tide", I saw O-Torii (Grand Gate of Shrine) floating on the water like this (↓).
c0312063_14082133.jpg
c0312063_14082141.jpg
Until the 2nd visit, I did not know why the Shrine and O-torii were built at this location where tides rise and fall.
Because the island itself is believed to be God's body, so that ancient people chose the location to prevent damaging the God's body (island).
Indeed, it is entirely a sacred area filled with green, oceans, and spirits.

This time, it was at low tide, so that we could directly walk to the Gate.
c0312063_14080498.jpg
c0312063_14080628.jpg
c0312063_14080821.jpg
c0312063_14081045.jpg
The gate, built of decay-resistant camphor wood (kusunoki), was so big and tough, reaching about 16 m high.

I had much time to walk around the shrine and the nearby beach, taking many photos.
c0312063_14070912.jpg
c0312063_14070427.jpg
c0312063_14072621.jpg
c0312063_14070668.jpg
c0312063_14073433.jpg
c0312063_14073174.jpg
c0312063_14074649.jpg
Unwalled, harmonized with their natural surroundings (↓).
c0312063_14075253.jpg
This place may be the most sacred building where God resides (↓).
c0312063_14075026.jpg
Calm place...
No voices...
Feeling God.
c0312063_14072951.jpg
c0312063_14075530.jpg
After traveling around the island, I got together with my colleagues to have Spanish food at downtown Hiroshima city.
Our choice was "Ishioka" the back-street Tapas restaurant.
It was casual but the food was special. I recommend you.
c0312063_14081326.jpg
See you! 165.png


[PR]
by pmc-beetle | 2017-08-06 16:52 | 旅行 | Comments(2)

Hiroshima - the place for praying

In the middle of June 2017, Kyoho Grapes were rapidly growing.
Every year, I feel happy and comfortable to see them grow.
Various tones of green....
So beautiful.
c0312063_21293440.jpg
c0312063_21280716.jpg
c0312063_21273094.jpg
Flowers and egg plants in my own garden were also at their best in this term.
c0312063_21305518.jpg
c0312063_21312929.jpg
About 2 weeks prior to the flower and plant season, I visited Hiroshima to participate in a medical meeting.
The day before opening of the meeting, my colleagues and I went to a Okonomiyaki shop. It looked old and even rusty for me, but the traditional Hiroshima-styled Okonomiyaki was so good!
(Okonomiyaki means "savoury pancake containing meat or seafood, vegetables, and noodles". See below.)
c0312063_17121673.jpg
The photo below demonstrates a completed Okonomiyaki with brown sauce.
It goes well with Beer, of course! 167.png
c0312063_17122061.jpg


It is quite natural to think about War and Peace when we come to Hiroshima.
This city is well known for its tragedy caused by Atomic Bombing in 1945.

In the morning on June 9, 2017, I walked along Oota River to approach the Atomic Bomb Dome (A-Bomb Dome), imagining similar blue sky in the calm morning of August 6, 1945.
c0312063_17130929.jpg
On the way to the Dome, you can see many pavement reliefs indicating "Promenade of Peace" under your feet. (↓)
c0312063_17332759.jpg

The Dome....
I was standing quietly, hearing birds singing and lost people talking.
Talking of their daily lives 72 years ago.
c0312063_17135362.jpg
c0312063_17162437.jpg
c0312063_17145850.jpg
c0312063_17154394.jpg

Near the Dome, you can see "Atomic Bomb Memorial Mound".
The ashes of victims excavated around the city were placed under the round-shaped mound.
c0312063_17171854.jpg
c0312063_17175680.jpg

The next point to visit is "Hiroshima Peace Memorial Museum". (↓)
c0312063_17190084.jpg
The horse shoe-like shaped monument has list of names of over 290,000 victims under the ground.
Most of the lost people suffered from burn and radiation injury, and they tried to escape from high temperature and severe thirsty, diving into rivers. Therefore, the monument is surrounded by ponds filled with clear water, so that the water can relieve thirsty of the victims.
c0312063_17194210.jpg
A-Bomb Dome, the monument for the victims (↑), and the Peace Museum stand in a straight line.
c0312063_17213924.jpg
Entering the museum (east building), you can find a picture of clock indicating 8:15 (am). It is the time of bombing.
Not the moment of war ending, but the start of relevant agonies and deaths and the start of Cold War.
c0312063_17285761.jpg
c0312063_17304397.jpg
If you stood in front of large pictures on the walls, you would feel catastrophic collapse of your soul and body.
c0312063_17293593.jpg
Incidentally, I noticed that the young woman dressed with red shirt (↓) was crying near the photos on the walls.
I realize that sympathy and mutual understanding of the tragedy can go beyond country borders and religions.
c0312063_17301709.jpg

It must have happened in an ordinary morning....



For tourists, several cruising plans are available.
From inside of the cruisers in the river, you can gaze up the Dome. (↓)



In the end of this issue, I will remind the peaceful sentences carved on the monument stone.
"Let all the souls here rest in peace; For we shall not repeat the evil"
Yes, "we" should be interrupted as "all human beings"....
c0312063_17311464.jpg
See you! 165.png

[PR]
by pmc-beetle | 2017-07-17 02:00 | 旅行 | Comments(2)

プロビデンス(Providence)再訪

6年ぶり・・・.
(ダバー!)(←涙の音)
再び「プロビデンス(Providence)」を
訪れることができました〜.


ボストンの南南西80 ㎞ほどのところに位置する都市.
アメリカ最小の州「ロードアイランド」の州都です.
c0312063_15495075.jpg
2008年7月〜2010年8月まで,ここにいました.
ブラウン大学(Brown Univ.)の「肝臓研究センター」にいたのです.
(懐かしか〜!)

ボストンの「Back Bay Station(↓)からAmtrakで約50分程度.
c0312063_15503130.jpg
c0312063_15505597.jpg
c0312063_15512598.jpg
こ〜んな感じ(↑)で,
Amtrakの駅やホームは鉄色で暗く,
昔の「国鉄」っぽいです.
重そうな列車が,大きな音を立てて入ってきます(↓).



プロビデンス駅に着きました.
結構きれいです.
昔から富裕層が多くいたからかもしれません.
c0312063_15515158.jpg

このロードアイランド州は「Ocean State」と呼ばれ,
海沿いには資産家達の豪邸(マンション)が林立する「New Port」があります.
そこは海軍の基地でもあります.

詳しくは,過去記事
★2009年6月8日付けの「潮風を求めて(1)」
(http://pmcbeetle.exblog.jp/21025589/)
★2009年8月29日付けの「ニューヨーク,番外編(1)」
(http://pmcbeetle.exblog.jp/21025595/)
をご参照下さい.

駅の前には堂々たる州会議事堂.
c0312063_15522956.jpg

ところで,今回のミッションは2つ
1)ゆかりの場所を再訪すること
2)(なんと!)銀行口座を閉めること

そう,まだ口座持ってました(←はい,アホです)
油断するとそうなります.
(でも,そういう人,多いみたいですな)

取り引き(金の引き出しなど)があれば預金総額は変わりませんが,
私が口座を持っていた「Citizens Bank」の場合,
一定金額以上の預金額があっても,
取り引きなしの状態が長く続くと,
毎月5ドルずつ「減って」いきます

血も涙もない仕打ち!

けど,今年の夏前くらいにキャッシュカードが無効となり,
ボストンや他のアメリカの都市に行っても,
カードで引き出せなくなってしまったのです.
それまでは,ときどき学会の時にいくらか引き出して,
銀行から「かすめ取られる」のを防いでいたのですが,
それもできなくなったのです(嗚呼〜)
で,閉じるってことに・・・.

今回,都合良くボストンで学会があったので,
時間を作ってプロビデンスまで来たってわけです.
そう,実は,
単にノスタルジックな旅をしてみたいと思ってきたのではなく,
かなり現実的な用件をこなすための小旅行だったのです.


さて,長くなりました.
下がプロビデンスの地図です(↓).
当時の私の行動範囲(徒歩&バス)は,
この地図内にほぼ網羅されています.
c0312063_15525188.jpg
c0312063_15532631.jpg

大学キャンパス近くに住んでいました.
その大学は丘の上にあります.
初めて来たとき,この坂道を上っていきました.
奥に階段がある坂道です(↓).
c0312063_15540014.jpg
c0312063_15544594.jpg
階段を越えると,
ずっとその先にキャンパスが広がっています.
辺りの紅葉を楽しみながらも,
わずかな変化も逃すまいと,
一歩一歩,踏みしめるように前に進みます.

大学が管理する「Visiting Scholar Lodging」が住居でした.
Googleで下調べしたときの画像は,
私が去った翌年のもの.
しかし同じように玄関脇の花が咲き誇っていました(↓).
c0312063_15562959.jpg
玄関に向かいます.
6年ぶりの「我が家」・・・.
やっと,来た・・・.
(ダバー!)
c0312063_15570086.jpg
しかし,拍子抜けするくらい,
ちっとも変わっていないドア.
いま,誰が住んでいるんだろう・・・.

玄関前のボーエン・ストリートの東側に目を移します.
変わらない体育館への道
そう,体育館の駐車場の一角に,
自分たちの駐車場があったことを思い出しました.
「ここを毎日通っていたんだ・・・」
(愛車カローラのこと,これ書くまで忘れてました.)
c0312063_15584066.jpg
2009年夏の朝の写真と比べてみました(↓).
c0312063_16003420.jpg
同じ通りの西側・・・(↓).
よくジョギングしてた,緩やかな坂道
(今回,あの向こう側から歩いてきたとです.)
c0312063_16010511.jpg
建物の裏側に回り込みました.
懐かしいテラスのある館・・・.
テラスへは私の部屋から出て行けたけど,
防犯上,ちょっと怖い感じもしてました.
c0312063_16015237.jpg
この屋敷ではいろいろなエピソードがありました.
コウモリが暖炉(煙突あり)から出てきたり,
天井から水が落ちてきたり,
スカンクが出現してみたり,
暖房やお湯が止まってみたり・・・.
なかなか人間的な味のある家でした.

ちょっと離れてみてみました(↓).
茶色い木の奥のクリーム色の建物です.
c0312063_16023400.jpg
逆に,テラス側から上の地点を眺めるとこうなります(↓).
(2009年9月7日の写真です)
c0312063_16032237.jpg

さあ,懐かしむのはこのくらいにして,
ミッション2を達成のため銀行に向かいます.

元々「ずぼら」ですから,住所変更もしていませんでしたので,
難航するかと想像していました.
しかし,意外にすんなりいきました.
何かのためにと,
いつも財布に入れていた「小切手」が役に立ったのです.
小切手には元の住所が印刷されていましたし,
パスポートと組み合わせれば身分証明には十分でした.

で,ここだけの話(てか,オープンですが)
結構な額を預けていましたので,
現金として下ろすときヒヤヒヤしてました.
しかし担当者は優しく,別の部屋に案内してくれ,
無事にお金をゲット.
これでスッキリ「Closeout」!(担当者の筆)
c0312063_16034687.jpg
スッキリしたところで足取りも軽くなり,
大学中を見て回りました.

ハーバードに比べると小振りですが,
立派な正門(↓).
校章には「1764」の文字(江戸時代だべ)
c0312063_16042399.jpg
c0312063_16044828.jpg
キャンパスは美しい紅葉で彩られ・・・.
c0312063_16054374.jpg
c0312063_16062798.jpg
また住んでもいいかな〜って.
もちろん,冬以外ですが.

大学がある丘からは,
ダウンタウンと駅前の「州会議事堂」が見えます.
(2009年4月19日の写真:↓)
c0312063_16070244.jpg
丘を降りて,ダウンタウンへと向かいます.
途中,「プロビデンス川」のほとりに,
例のモニュメントがあります.
第二次世界大戦の記憶を刻むモニュメントです.
c0312063_16073442.jpg
c0312063_16080837.jpg
8本の柱.
下の部分に「戦争の記憶」が刻まれています(↓).
c0312063_16084006.jpg
詳しくは,過去記事
2008年8月31日付けの「私は見た!公園で・・・.」
(http://pmcbeetle.exblog.jp/21025284/)
をご参照下さい.

さて,川沿いのベンチ
これも懐かしさを呼び起こすアイテム.
c0312063_16092045.jpg
2008年12月20日.
「大雪」
九州もんの私は,
犬のように喜んで写真を撮って回りました.
一時帰国を目前に控え,明らかに「ハイ」でした.
その,雪たっぷりのベンチです(↓).
c0312063_16095238.jpg
c0312063_16103200.jpg

さて,次の写真で言いますと,
空の向こう側から降りてきたことになります.
c0312063_16105870.jpg
橋を渡っているところです.
下流を眺めると,そこには「風力発電のプロペラ」(↓).
(おお〜,民主党政権でついに自然エネルギー関連事業に予算がついたか.)
c0312063_16113209.jpg
エネルギーついでに,
いま,ガソリンは1ガロン(4リットル弱)あたり2.19ドル
2009年1月当時は,1.90ドル
途中,高騰する時期もありましたが,
結局あまり変わっていないですね.(それにしても安い!)
c0312063_16115610.jpg
c0312063_16121058.jpg

大した疲れもなく,簡単にラボ周辺に到着(Claverick St.).
しかし,周囲は一変していました.
高速道路のインターチェンジができていたり,
大学(別の)の研究施設が建っていたり,
さらに広い建設予定地があったり・・・.
(いや,ボストンでも思いましたが,
いま,アメリカは必ずしも不況ではないのです.
むしろ,建設中の建物を多く目にしますぜ.)

c0312063_16123526.jpg
研究所ビル・・・.変わらないな.
(トイレを借りましたが,中も変わらず.)
この日の夜,ここのボス主催のParty(ボストンで)に参加したのです
(前号の記事)

c0312063_16125166.jpg
研究所前にあるサンドウィッチ屋さん(↓).
店内も変わらず.
メニューにあった「ポパイ」も健在.
c0312063_16131644.jpg
同じ味に,「ほ〜っ」
妙に安心したというか,癒やされたというか.
「あ〜,いい旅だった」と,
自然にまとめの言葉がでてきた一瞬でした.


8年前(2008年)の7月2日
旅はこの「我が家」(↓)から始まりました.
c0312063_16135032.jpg
ここを再び訪れて,
旅はまだ続いているような気になりました.


そんなわけで,
やっぱりセンチな気分に浸っていたので,
帰りの飛行機で思わず観てしまった
「君の名は.」に号泣!(ダバー!)
(CAさんの目を盗むようにして涙を拭きながら・・・)
c0312063_16143793.jpg
「旅を続け,修行を積まんといかん」ということでしょうか・・・.
(しかし,よか映画じゃった.子供たちより先に観て優越感にひたりつつ・・・)

See you!049.gif
c0312063_16145557.jpg
(2008年12月20日,プロビデンスの大雪)


[PR]
by pmc-beetle | 2016-12-25 20:48 | 旅行 | Comments(3)

ボストン & 東京

冬至が過ぎました〜!

まだまだ寒くなるけど,
次第に日が長くなると信じるだけで
ほんの少し気分が楽になります.
(チキン丸出しだが・・・)

さて,クリスマスですな,世の中は・・・067.gif
以前は長女が「ツリー係」でしたが,
いまは私・・・.

2016年12月11日,
晴れて暖かかった日曜日にツリーを出して,
ひとり淋しく飾り付け・・・.
(オヤジがすることか)
c0312063_18010978.jpg
息子が横を通り過ぎざまに,
「光らないとなあ〜」と・・・.
確かに電飾を出すのが億劫だったが・・・.
ちょっと傷つく・・・.

この日,外は快晴だったなあ〜(↓).
ホント,ポカポカ陽気で気持ちよかった.
すっかり大きくなった庭のクヌギも冬支度.
c0312063_18035577.jpg

今年は東京弾丸出張が多かったなあ.
日曜日の朝,天気がいいと,
帰りの便から富士山が見えることがあります(↓).
c0312063_18035796.jpg
やっぱ,きれいな姿してますね.
c0312063_18035685.jpg

ところで,
2016年11月10日から11月16日まで,
ボストンに行ってました〜!

恒例の米国肝臓学会
(学会会場から外を眺める,の図↓)
c0312063_18141166.jpg
すぐ近くに,お洒落な通り「ニューベリーストリート」があります.
散歩するにはちょうど良いです(↓).
c0312063_18153928.jpg
果物の横には「薪」が置いてあります.
この日は暖かでしたが,その前日の朝は2℃.
いずれも厳しい冬の寒さを予感させます.
c0312063_18154062.jpg
中心街の建物はモールで繋がっていて,
外に出ることなく買い物ができるようになっています.
11月末のThanksgiving前でしたが,
すでにクリスマスっぽい飾り付けが施されていました.
c0312063_18162017.jpg
夜も比較的安全です.
c0312063_18131039.jpg
散歩していると,
ちょうど「Prudential Tower」前に
巨大なクリスマスのオーナメントが設置されたところでした.
c0312063_18162096.jpg
夜は奮発して,
久しぶりのロブスターをwholeで食べちゃいました.
c0312063_18162123.jpg
11月14日(月)夜には,所属していたラボのparty
いつもFour Seasonsの決まった部屋でおこないます.
いろんな国からの研究者(現役+Alumni)が集まりますが,
結構,日本人が多いです.
滅多に行けないホテルなのでパチリ(↓).
c0312063_18172145.jpg
ここのフィレミオンは絶品です(↓).
c0312063_18172258.jpg
さて,12月に入って
東京では一気にクリスマスムードが盛り上がっていました.
プリンスの近くを通ったとき(↓).
c0312063_18021223.jpg
丸ビルの中(↓).
c0312063_18020533.jpg
丸の内の「KITTE」の中(↓).
いま,至る所でプロジェクションマッピングをやっていますね.
街中がキラキラしています.
c0312063_18035511.jpg


さて,次の記事では,
留学先の大学や研究所があった
「プロビデンス」への小旅行について
触れてみたいと思います.

See you!049.gif

[PR]
by pmc-beetle | 2016-12-24 07:16 | 旅行 | Comments(0)

ニュージーランド紀行 2016

ニュージーランドに行ってきました〜!

といっても,結構前ですが・・・(今日は10月16日).
変則的な夏休みを2016年9月8日〜9月12日にとらせていただき,
留学中の娘の陣中見舞いと称して,
ニュージーランド観光でリフレッシュ!

まずはNZ航空のB-787に乗り込み,
紫色に統一された機内に,なぜか感情が高ぶってしまう・・・.
いつものアメリカ行きではない新鮮さがそこにありました.
知り合いもいなかったし.
c0312063_11304424.jpg
座席(エコノミー)のディスプレイには
NZ先住民マオリ族の挨拶「Kia Ora(キオラ)」
そして,期待していた機内ワイン(とくに白!).
迷わず「ソーヴェニオンブラン」をリクエスト.
うむ,美味しさに満足.

結構長い時間に感じましたが,
無事に北島のオークランド(Auckland)(↓)Googleより引用)に着きました.
残暑の日本と違い,これから春を迎えつつある南半球.
肌寒さを感じます.
c0312063_11310459.jpg
9月9日,8:10 amの到着でしたので,
この日は近場のワイヘケ(Waiheke)島
オークランド市内を巡ることにしました.
ワイヘケ行きの目的はワイナリー」!
3つのワイナリーをまわるツアーもありましたが,
下調べしておいたワイヘケ最古(いっても1978年ですが)のワイナリーのみに絞って,
フェリー&バス&徒歩で行くことにしました.
(下写真↓:フェリーでWaiheke Islandへ.遠くにAuckland市街)
c0312063_11311101.jpg
c0312063_11313093.jpg
ワイヘケ島のフェリー乗り場に近づくと,
たくさんのヨットがお出迎え.
c0312063_11311876.jpg
上陸後,バスで近くまで行き,
その後歩いて「Goldie Estate」というワイナリーへ(↓).
c0312063_11312499.jpg
c0312063_11313920.jpg
もちろん早春の葡萄畑には,生い茂る葉っぱも実もありません.
しかし,元気な若葉を見ることができました.春です.
c0312063_11315246.jpg
まずは建物(赤っぽい屋根↓)を目指します.
c0312063_11314671.jpg
やっぱ,白(左2本)が美味かった.
c0312063_16092975.jpg
どちらもシャルドネ.
白ラベルが若めで,黒ラベルがちょっと熟成させたもの.
赤はイマイチでしたが,白に満足し,この2本を買って帰りました.
1本は実家へのお土産ですが,
もう1本は娘の留学終了記念に開けるつもりです.

購入後,畑を散策しました.
気になっていた丘の上のシンボルツリーへ.
c0312063_11315768.jpg
その丘からの眺望はなんともいえず美しい.
南半球の海水は特別なのかと思うくらい青色がきれいでした.
c0312063_11320223.jpg

この日の夕食は,市内の日本食レストラン「Tanuki(たぬき)」で.
何でもあります.ワインはもちろんNZ産.
ワイヘケとは違った土地の白ワインを堪能しました.
店員のかたは,ほぼ日本人(留学生かな)という感じでした.


さて,翌日(2016年9月10日)は早朝から夕方遅くまでのツアーに参加.
1)ワイトモ(Waitomo)鍾乳洞
2)アグロドーム(Agrodome):観光牧場
3)ロトルア(Rotorua):湖,間欠泉

を巡る欲張りなツアーです.

延々と写真(↓)のような牧草地が広がる中をバスが走ります.
c0312063_11393859.jpg
結構遠くまで・・・(↓).(T△T)

c0312063_11394761.jpg
1)のワイトモ鍾乳洞はお薦めの人気スポットです.
鍾乳洞に住み着く「Glowworm」
その光を放つ虫たちをボートに乗りながら観察するのがハイライトです.
(写真撮影禁止で残念でしたが)

この虫,「土ぼたる」と訳されていますが,
実際には「ハエ目キノコバエ科ヒカリキノコバエ属に分類される昆虫(Wikipedia)」だそうで,
その幼虫が獲物を誘うために光っているらしいです.
お借りしてきた画像だとこんな感じ(↓).
c0312063_17151413.jpg
次にアグロドーム(Agrodome)では
「羊の毛刈りショー」と「牧羊犬の羊追い」が見られます.
ほかにも種々の動物と戯れることができます.
牧羊犬の働きぶりには驚きました(↓).
羊たちの動きをコントロールし,
私たちの目の前まで誘導してくれます.



マオリ族のショーを観た後,
ロトルアの間欠泉周辺を散策しました(↓).
c0312063_11400051.jpg
c0312063_11401714.jpg
c0312063_11402509.jpg


9月11日は東に向かい,
太平洋を望むタイルアやカセドラル・コーブを巡る小さなツアーに参加しました.
c0312063_11404821.jpg
幸い天気に恵まれ,
「Cathedral Cove」付近では青く輝く美しい海を眺めることができました.
c0312063_11405421.jpg
c0312063_11410160.jpg
ここから海岸まで歩いて降りていきます(↓).
高低差のある道を歩くのは結構疲れます.
が,ほどよい疲れです.頭の中が空っぽになっていく心地よさです.
c0312063_11411488.jpg
そして,海岸にたどり着くと,波に削られた岩のトンネル(↓).
c0312063_11412277.jpg
c0312063_11413107.jpg


カモメが水を飲んでいます(↓).
その上流には小さな滝が.
夏には海水浴客にとってのシャワーになるのだとか.
c0312063_11414282.jpg


さて,ニュージーランドには,至る所に大きなシダが生えています.
途中の道にも(写真中央付近↓).
c0312063_11415285.jpg
そして,くるくる巻いた「Koru(コル)」と呼ばれる新芽を見ることができます.
c0312063_11420125.jpg
NA航空のトレードマークは,
このコルを図案化したものです(尾翼↓).
c0312063_11420827.jpg
この3日目(2016年9月11日)が最終日でしたので,
港(フェリー乗り場)近くのレストランでやや贅沢目の食事.
ムール貝や創作料理(?).ここでは赤も飲みました.
c0312063_11421568.jpg
c0312063_11423766.jpg
c0312063_11424336.jpg
食事後,娘のホームステイ先のホストに挨拶し(土産は「通りもん」たい!),
(←「通りもん」,大変受けました.)
空港近くのホテルに宿泊.
翌朝の便で発って,同日20:00頃福岡に到着.
当たり前ですが,
時差が3時間(今はサマータイムで4時間)しかないのでありがたいよ.
c0312063_11424947.jpg
ニュージーランドは自然に満ちあふれ,
ワインも美味しいし(←こればっかりやな),良い国です.
もともとの人口が少ないので,移民(とくに技能移民)受け入れにも積極的で,
多国籍な面白い文化が発展しているという印象でした.
もちろんマオリ族やその文化を大事にしていることは言うまでもありませんが.

今度行くとしたら南島ですが,寒いので微妙.
ま,これからはカリフォルニアばかりでなく,
ニュージーランドワインにも親近感を覚えながら飲めるのが楽しみかな.


See you!049.gif

[PR]
by pmc-beetle | 2016-10-16 18:43 | 旅行 | Comments(2)

伊王島と軍艦島

長崎の伊王島と軍艦島に行ってきました〜!
(2016年5月7日〜8日)

長崎半島真ん中あたりに伊王島(いおうじま)があります。

さらに南西に高島(たかしま)があり、
その先に端島(はしま)、いわゆる「軍艦島」が位置しています。
(Google Mapで要チェック!)


まず伊王島。
この辺りの海水は透き通っていて、
夕陽もきれいです。
着いて早々、レンタサイクルで島を巡りました。
c0312063_23132366.jpg
島の西側を走ると、
「畦の岩這(あぜのいわばえ)」と呼ばれる
波状の岩層に出会います。
(ホテルでの夕食会までに戻らなければいけないので、
今年も日没を見ることなく涙の撤収・・・嗚呼)

c0312063_23115619.jpg
キリシタンの多い長崎らしく天主堂がありました。
聖ミカエル天主堂です。
中では、厳かなミサがおこなわれていました(撮影禁止)。
c0312063_23115607.jpg
天主堂から「やすらぎ伊王島」の宿泊施設を臨む(↓)。
c0312063_23134852.jpg
宿泊施設の一画(食事をするホールから外を眺めたところです ↓)
c0312063_23140865.jpg
施設内部(↓)
c0312063_23134740.jpg
夜、客船が近くを通り過ぎていきました・・・。


さて、5月8日(日曜日)。
世界文化遺産の「軍艦島」に渡ります。
こんな高速艇で(↓)。
c0312063_23141931.jpg
島の周囲を周遊し、次第に「ドルフィン桟橋」へと接近していきます。


遠方からから見た「ドルフィン桟橋」付近です(↓)。
c0312063_23115453.jpg
遠くから見るとやはり「軍艦」っぽく見えますな(↓)。
c0312063_23115499.jpg
次は小中学校
じんわり、哀しさがこみ上げてくる光景です。
c0312063_23175239.jpg
c0312063_23145585.jpg
次の写真。
手前には寺があったのだとか。
c0312063_23115549.jpg
c0312063_14403112.jpg
いよいよ上陸です。


3箇所の見学広場から、島の景色を見ることができます。
海底炭鉱の島、端島
1810年(文化7年)にはすでに石炭が発見されていたのだとか。
本格的な採炭は、三菱が経営し始めた1890年(明治23年)から。
以来、1974年(昭和49年)の閉山まで、
日本にエネルギーを供給してきました。
最盛期には約5300人もの人々が、この小さな島で生活をしていました。
当時の東京都の9倍もの人口密度だったそうです。

往時の跡・・・。
廃墟を見ると、感傷的な気持ちになります。
c0312063_23150680.jpg
石炭を貯炭場まで運んだベルトコンベアの跡です(↓)。
c0312063_23115590.jpg


c0312063_14402170.jpg
c0312063_14402663.jpg
c0312063_23115317.jpg
煉瓦造りの建物は「総合事務所」。
共同浴場があったそうです。
c0312063_23152319.jpg
c0312063_23202207.jpg
日当たりの悪そうな窓。
しかしあの中には希望に満ちた家庭があり、
建物全体、島全体が活気づいていたことでしょう。
c0312063_23151314.jpg
c0312063_23205055.jpg
最近、「進撃の巨人」がここで撮影されたと聞いていますが、
おそらく見学では行くことができない建物群の場所だったのでしょう。
そんな場所にいくと、もっといろんな想いを抱いたかもしれません。

いずれにしても、
私にとっては昭和の熱気」を想起させる場所でした。

長崎の海・・・。
さまざまなドラマがあります。
また、いつか来たいな。


See you!049.gif

[PR]
by pmc-beetle | 2016-05-11 00:57 | 旅行 | Comments(2)