2年あまりのアメリカ単身生活を終え,2010年9月から日本で活動再開.子供の頃に記憶された「脳の中の原風景」を頼りに,ふるさとの自然の良さを探す心の旅に出ています.
by pmc-beetle
カテゴリ
全体
車・エコ・エネルギー
自然・動物
身近なできごと
戦争
食生活
健康
旅行
人生・雑感
コンサート
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
お気に入りブログ
Sippo☆のネイチャー...
最新のコメント
ワインが造られる現場を見..
by pmc-beetle at 09:14
ワインを、たっぷりと ..
by Sippo5655 at 22:47
ありがとうございます. ..
by pmc-beetle at 08:30
プチ同窓会! いいな、..
by Sippo5655 at 22:05
ありがとうございます。 ..
by pmc-beetle at 16:27
お久しぶりです!! い..
by Sippo5655 at 21:56
クマゼミの体格はアブラよ..
by pmc-beetle at 13:00
クマゼミ、いつか見てみた..
by Sippo5655 at 22:10
変な進み方をする台風が増..
by pmc-beetle at 07:42
「逆走台風」なる言葉はこ..
by Sippo5655 at 22:47
メモ帳
最新のトラックバック
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
Napa Valley 2018
at 2018-11-25 14:07
「ホークス優勝!」 in 同窓会
at 2018-11-04 15:22
真夏から秋へ 2018
at 2018-10-14 15:03
立秋過ぎたんですけど・・・
at 2018-08-11 12:07
A Summer Day
at 2018-07-29 00:26
Walking in Green
at 2018-05-20 01:07
Spring 2018
at 2018-05-03 17:48
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

くるま

(日本では政局が、米国では金融・経済が相変わらず不安定で、

市井にあっても物事を大局的に考えなくてはいけない時期に、

「このような私事を書き連ねてどうする?・・・おまえはまだ惚けているのか?」

と自問自答しつつ、

ふっ・・・、書いちゃいました。)


「車,よくぶつけられるから・・・」

とは聞いていましたね、そういえば。


それに、道路で縦列駐車しようとする車が、

前後の車に軽くぶつかるのを見たこともありますね、確かに。


だから、まっ、な~んていうか、

気配を感じるっていうか・・・、

「悪い予感」というのか・・・。


そんなわけで、

的中しました・・・

c0312063_12504991.jpg

左後部バンパーのかすり傷ではありますが、

知らないうちについていたので、

おそらく駐車場でぶつけられたのでしょう。

そもそも小さな傷はたくさんありましたし・・・、

そもそも6年落ちの中古ですから・・・、

痒みくらいはありますが、ちっとも痛くはありません。


ということで、突然ですが、

ここからは北米の事情などについて書いてみましょう。


1)日本車

2)中古車の値段

3)(ちょっと関連が薄いけど)モノ作り


1)走ってる車。ほとんど日本車です・・・。

と言ってもいいくらい日本車だらけです。

TOYOTA(カムリ、カローラ、プリウスなど)、

LEXUSESGSシリーズ)、

HONDA(アコード、シビックなど)、ACURA

NISSANAltima、マキシマ、ムラノ)、

そのほかMAZDASUBARUもがんばっています。


実際、私のまわりの人(外人)は、ほとんど日本車を買っています

燃費が良く、故障しないし、デザインもよいからでしょう。

保険料が有利になるのもひとつの理由かもしれません。

・・・古典的なアメ車はさっぱり見かけません。


彼らのエコ意識は、

燃料を直接消費する車に関しては高そうです。

(わかりやすいですからね、メーター見てれば)

プリウスに異常な人気が出ているのはそのためかもしれません。


その燃料(ガソリン)についてですが、

1ドル106円で計算すると、

つい先日は1リットル99円くらいでした。

為替相場にもよりますが、7月頃が最も高く、

110円を越えていたと思います。

いま、明らかに安くなっています。

日本でも安くなってはいるのでしょうが、

下降スピードに差を感じます。日本はホント、ゆっくりですよね。


この価格差の背景に、

多くの税金がかけられていることを実感します。

今はもう議論すらされませんが、

そのお金、これ以上道路に使うべき時代なのでしょうか???


崩壊しつつある医療・年金制度の再構築、

少子化対策教育の充実など、

ほかにも重要課題が山積しているこの時代にです。

どうも優先順位を間違えていなと思います。


2)中古車の値段は、

Kelley Blue Book (http://www.kbb.com/)」というサイトに飛べばわかります。

例えば、私の車、2002年のカローラ

35,000マイル(56,000キロ)を調べると、

個人購入価格(Private Party Value)で
Excellent $8,070,Good $7,500,Poor $6,810

となります。

したがって、平均的なところで7,500ドル(795,000円)です。


7,000ドルで購入しましたが(あっ、高いと思いましたね!)、

Goodのうちでも上の方だったので、

満足な買い物だったということになります。


もし2年後に手放す場合も、

例えば2000年モデルに、

これからの予想走行距離を入れてみることで、

おおよその見当がつきます。

車は、走れるかぎり売れるのです!

(鉄くずにあらず)


3)虚構のマネーゲーム。

それを支えてきたのは、

「モノ作り」において勝てない米国から,

シフトせざるを得なかった人材と金でしょうか。

連日の「破綻」ニュースは、その宴の後を見る思いです。


915日、米証券大手リーマン・ブラザーズが破綻。

さらに926日(金)のYahoo Japan記事によると、

米史上最大の銀行破綻

連鎖が止まりません。


思わず、既視感を自覚します・・・。

こうもタイミング良く私が行った先で「破綻」すると、

「はいはい、私が悪かったです。すみませんでした。」と、

なんだかわけのわからない卑屈な気分になります。

・・・すみませんでした・・・


いや、申し上げたいのは、

かくも「信用」とは当てにならないものだということです。

実体のない「信用」に価値が付き、マネーが動く。

「信用」を右から左に動かすだけで、価値の倍々ゲーム成立。

マネーが奔流のごとく止まらない。

実体からかけ離れた、いわば虚構の世界です。

・・・それはそうなんだけど、しっかり実体を翻弄し続けるわけです。

しかし、永久機関が成立しないのは虚構の世界も同じだったのですね。

(ヒトの不安心理はコントロールできないからでしょう)

それで、カウンターアタックが待っていた。

あとは日本が辿ってきた道・・・。

ここでどう学習するかですよね。


日本人は「失われた10年」を迎えたとき、

「あっ、やっぱきちんとしたモノを作ることが大事なんや!」と、

再認識したのだと思います。

モノ作りとは、ある意味比喩で、

きちんとした実体のあるものを創作・創造することだと思います。

そう認識しつつ、プロジェクトXの怒濤の苦労話にし、

カラオケで、「地上の星」

「ヘッドライト・テールライト」を合唱したのだと思います。

(私事ながら、私の好きな曲でもあります。

よく歌ってました・・・。帰ったら歌いたいなあ〜069.gif


果たして、日本は立ち直ったのでしょうか?

まだまだそうは思えませんし、

政治は閉塞、種々の制度も崩壊しつつあるなか、

むしろ悪くなっている感じがしますね・・・日本よ、おいっ、大丈夫か!

外から見てると、落ち着きません・・・。

政治家も官僚も、まるで子供のようです。


ドラスティックな変化は誰の目にもわかりますし、

対策も立てやすいです。

それは急性疾患の診断と治療にもあてはまります。

いま、日本は重篤な慢性疾患に罹っています。

明日、あさっての緊急性がないと思って手当をさぼっていると、

やがてそれは悪性腫瘍のように命を脅かすのです・・・。


See you!
049.gif

[PR]
by pmc-beetle | 2008-09-27 07:48 | 車・エコ・エネルギー | Comments(3)

本物の「わかめ」

 うっ! なんと、暴発してしまいました。


原稿の段階で、いったん保存しようとして、

なぜかそのままアップされてしまいました。

恥ずかしながら、次からが本文です・・・)

 

 

早い! 一週間が・・・。

こうして簡単に年をとってしまうのか、うーむっ。無念じゃ・・・。

(原稿をちょっと変えてみました)

 

(あーっ、つまらない!)と密かに思いつつも、

今日は「わかめ」について少し・・・。

 

下の写真(左)は「ふえるわかめちゃん」で、

右は韓国系のお店で買ってきた中国産「Fueru Wakame」です。

 


 

一応、右の袋にもふえるわかめ」と日本語で表示されているので、

すっかり鳴門の「ふえるわかめちゃんだと思って、

袋の80%程度食べた後に、

「ちゃん」がないことに気づきました・・・。

そう、ただのふえるわかめ」でした・・・。

(両方とも、まあ、増えるんですけどね)

 

シャキッとおいしい!!」というお客さんへのアピール、

鳴門」という産地表示(ホントかどうかは知らないけれど)、

ちゃん」?・・・んっ?・・・サザエさんから連想したのかなあ?

左は、これらが三位一体となり、

新鮮な海藻らしさを醸し出しているのです。

いずれにしても爽やかなデザインの包装です。

 

それに対して、中国製はいまひとつか・・・うーん、残念。

ちょっと色彩が単調だな。

「ちゃん」がなくても食べられましたが、

こういう紛らわしい表示は問題にならんのやろか・・・?

まっ、こういうの、取り上げたらきりがないんだろうけどね。

 

同じく中国産かどうかわかりませんが、

部屋の壁にかかっている「禄」・・・。

雑貨屋さんなんかではよく見かけますが、

わざわざ額に入れるような字じゃないような気もします。

 


 

ま、なんとなく、ありがたい感じはしないでもないんですがね・・・。

 

以上、ホントにつまらないプチ指摘でした。

 

 

 

 

 

 

 

[PR]
by pmc-beetle | 2008-09-21 11:24 | 食生活 | Comments(4)

ハリケーン

日本に台風13号が接近中とのこと・・・。


 


例年通り、台風のシーズンが始まったようです。


意表を突いて、早い時期に台風が上陸したりする近年のことを思うと、


今年は、時期的には普通通りなのではないでしょうか。


 


ただ、誰しも思うのは、


風速が年々強くなっているんじゃないかってこと、


また、台風に伴う雨も半端じゃなくなってきているってこと。


 


夏の暑さを含め、「何か、変・・・」を通り越して、


現実的に、「将来どうしたらいいんだろう」と、


不安に思う人も少なくないのではないかと思います。


 


渡米して間もないため、


定点観測による過去との比較は無理ですが、


日本で鍛えられた自然に対する五感を駆使すると、


この国もどうも変です。


 


ここ東海岸でも、夏には結構T-Stormと呼ばれる小さな嵐が頻発しました。


職場からの帰宅時に、嵐に見舞われたことが何度かあります。


大雨を想定していないのか、道路の側溝は十分には整備されておらず、


道路はすぐに川に姿を変えます(下写真)。


 



 


 


地球的規模では、ご承知のように、


ハリケーンやサイクロンの被害が甚大になってきています。


 


 


雑誌Nature(online 9月3日付け)は、


 


Hurricanes are getting fiercer.

Global warming blamed for growth in storm intensity.




との見出しで気候変動に関する記事を載せています。


(写真はCyclone Nargisです)



 


今年5月にミャンマーを直撃したこのサイクロンによって、


10万人以上の死者が出たことは記憶に新しいところです。


(援助を巡る国際問題もありましたね)


 


もはやこれらの嵐の力が増大していることに疑念を抱く科学者はいません。


そしてこの先、海面温度が1℃上昇するごとに、


世界的規模で、カテゴリー4ないし5の嵐が31%増加すると予測されています(同誌)。


(カテゴリー4で風速59~69 m/s、カテゴリー5で風速70 m/s以上。)


 


 


台風13号に呼応するかのように、


下の写真のようにグスタフに続くハリケーン・アイクがテキサスを襲いました。


120万人が避難したそうです。とても規模が大きいです。


 



 


 


実はアイクの前のグスタフが来たとき、私は密かに心配していました。


私もグスタフも、シカゴにベクトルを向けていたからです。


確かにシカゴに着陸したとき、飛行機は不安定でドスンと尻もちを付く感じでした。


降りしきる雨の中、乗客から声があがるほどでした。


(ちょい、ビビリました

c0312063_17103129.gif


 


 


地球が怒っています

c0312063_17103179.gif


 


自然の怖さ、知っています。馬鹿にしてるとすぐに命を取られます。


優しいけど、厳しいのが自然・・・。


正直なのが自然。


 


正直だから、彼女の答えははっきりしています・・・。


 


 


 


[PR]
by pmc-beetle | 2008-09-13 12:48 | 自然・動物 | Comments(2)

泡の飲みもの

を犯してしまいました・・・。

恥ずかしながら・・・、今、酔っています

c0312063_17102716.gif。・・・ふふふっ



バドワイザーたった1缶で・・・。

1ヶ月以上のブランクだったので、少量で酔えるようです。

(旦那が酒ばかり飲んでお困りのあなた!

旦那を思い切ってこんな環境に放り出しちゃいましょう!

メタボもアル中もすぐに解決です。・・・すみません、言い過ぎでした)

ボストン近郊の地ビール、Samuel Adamsも買ってきました。

c0312063_17464081.jpg

バドは1缶80円くらい。一方サムは134円くらいです(税別)。

(バーやレストランでSamuel Adamsを注文するときは、

粋に、「サム!」と言いましょう)

税ですが、ロードアイランド州は7%の消費税がかかります。

ちなみに隣のマサチューセッツは5%。


さて、買い物のついでに、スーパーの米に挑戦してみました。


名前は「國寶(国宝:こくほう)」。

c0312063_17464393.jpg

神秘性を醸し出すため、わざわざ難しい字にしているところが怪しいです。

2キロ程度なのでだまされたと思って買ってみました。


うーん・・・。うーん・・・。


だまされました

c0312063_17102776.gif



Asiana Marketで買った「田牧(たまき)」の勝ち!

どうも真っ白な米が結構混じっていて、大丈夫かいなと・・・。

(瞬間、三笠フーズの名が脳裏をかすめる・・・)

・・・ま、食べますけどね。


これから試食です。

どんななんだろう・・・。


[PR]
by pmc-beetle | 2008-09-11 08:45 | 食生活 | Comments(2)

続・スカンク

昨日、スカンクについて、もう少し書こうと思っておりましたが、

車のことシカゴ旅行のことにスペースを割き、

詳しく書けませんでした。


そこで、昨日うっかり書き忘れてしまった「リス」に登場してもらいつつ、

スカンクについて、単に驚くだけでなく、多少考察してみたいと思います。


まずは、リスから。

シロアリ、コウモリとともに、すでにご挨拶ずみの「リス」。

しばしば家の周りに姿を現します。

その他、キャンパス内や公園などいたるところにいます。

下の写真は、朝、家を出るときに顔を合わせたリスです。

土に毛を押しつけるようにゴロゴロしていました。

c0312063_12595017.jpg

戦争記念碑がある公園にも、これと同じ種類のリスがいました。

ただ、公園のリスは、

野良猫やカラスと一緒で、

どうやらゴミを漁っているようです。

c0312063_17102767.jpg

ゴミを巡って喧嘩することも多く、ちょっと幻滅です。


さて、次にスカンク・・・

これ「ネコ目(もく)、スカンク科」なんですねえ。

目撃した後、このあたりの人に聞いてみると、

そんなに珍しくないとのこと。

臭いが死ぬほどクサイらしいと口を揃えて言います。

トマトジュースで洗い流すといいと言われているようですが、

Wikipediaによると効果はない・・・、と冷たい答え。

この辺りでは、家の床下などに住み着くらしいです。


気になるのは、これが狂犬病の媒介者だということ。

コウモリも実は狂犬病を媒介するので、二重の恐怖です。


気になる臭い・・・。

幸運にも嗅いだことはありませんが、

主成分はブチルメルカプタン(硫黄が入っています)らしく、

その臭いは無風でも半径1 kmの範囲まで広がるらしいです。


驚くのは肛門腺からの分泌物飛ばし

「相手の顔を目掛けて噴射し、

4~5 m離れていても命中させることができる」らしい(Wikipediaより)。


実はスカンクが家の周りをうろついていたので、

すぐに家の中に入って、通り過ぎるのを待っていました。

c0312063_12573095.jpg
c0312063_12563227.jpg
c0312063_12572917.jpg

もういいかなと思ってドアを開けたところ・・・、

なんと,足もとにいました。

そして、例のお尻を上げる威嚇ポーズをとったのです!


すぐさまドアを閉めたので大事には至りませんでしたが、

「冗談じゃないよっ」って感じです。


カナダから北アメリカ、中央アメリカ(テキサスなど)に多いらしいです。

そちら方面のかた、気をつけてください。


動きが俊敏ではないので、よく車にはねられるそうです。

臭いを放ちながら、憤死・・・。 


お互い、距離をとって生きていこうや!

なっ・・・。


See you! 049.gif

[PR]
by pmc-beetle | 2008-09-09 08:22 | 自然・動物 | Comments(2)

Black & White

・・・なんとか生きております・・・。

さて、いろんなことを経験した一週間でした・・・。

まず8月31日(日曜日)。念願の車を手に入れました。

2002年製のカローラ。走行距離約30,500マイル(48,800 km)。
c0312063_17485728.jpg

なんの変哲もない車ではありますが、
この年式で、アメリカでは奇跡的に少ない走行距離。
個人売買
が成立し、「ええいっ、もってけ泥棒!」

相手に現金をたたきつけ(嘘)、購入したのです。
マメにオイル交換やタイヤ交換・ローテーションなどされていて、

お買い得品でした037.gif


車なしの生活を続けようかと思っていたのですが、
幻想にすぎませんでした・・・。

スーパーは片道徒歩20分で坂道だし、

一回に買える量や種類にも限界があります。


夏はジリジリ皮膚を焦がし、

ダラダラ汗をかきながら何とか乗り切ったものの、

厳寒の冬は「やっぱ、死ぬかもしれん・・・」と現実的に判断したのです。
それに安売り店は概して郊外にあるので、車なしでは極めて不便なのです。
(まっ、なんだな、早い話が楽をしたいということさっ)

7月末にAmTrakボストンまで行ってきたのは、

実はこの車に試乗するためだったのです。


アメリカの中古車市場は成熟しており、

インターネットのブルーブックを調べれば、

自分の車の価値がどれくらいかすぐにわかります。

これを元に売り手は値段を設定し、買い手も交渉するのです。
大切に乗れば、日本みたいに鉄くず同然になることはありません

さて、車を買うのは簡単ですが、その後の手続きがくせ者です。
タイトル(保有証明書という感じかな)に両者がサインをし、

保険に入り(これが高い!)、

VIN(vehicle identification number;車固有の番号)チェック(盗難車でないことの証明です)を済ませ、

DMV (department of motor vehicle)に登録しなければなりません。


そして日本の車検に当たるinspectionを受ける必要があります。

州独自の免許証なしでも乗れるところが不思議にすごいです

(1年間ですけど)。

DMVでは、ヒスパニック系住民が圧倒的に多かったです

(白人は少なかったです)。

というのは、普通の人達は車をディーラーから買うので、

自分自身で登録する必要がなく、DMVに姿を現す必要がないのです。


私は白人、あっ、いや、黄色人種c0312063_17102799.gifですが、

個人売買したのでヒスパニックと同じく
自分ですべての手続きをする必要があったのです。


仮プレートをもらった後、

VINチェックのステーションまで行くのに

いきなりハイウエイを運転したりと、

結構ストレスを感じましたが、

・・・これも経験ですねc0312063_17102731.gif


突然ですが、車の購入が終わるやいなや、
木曜日、シカゴへと旅立ちました。

・・・当然、仕事よおボッ!・・・燃えてる音


シカゴは数年前まで毎年のように行っていたところですが,

これまでは初冬に行くことがほとんどでした。

Windy cityと呼ばれるように、冷たい風が体温を奪い、辺りは暗く、

あまりいい感じを持っていませんでした。

しかし今回は初秋の訪問。シカゴの柔和な顔を見ることができました。

早朝、ホテルの周りを散歩すると、

ミシガン湖の水面はきわめて穏やかで、

水鳥たちが気持ちよさそうに浮かんでいました。

c0312063_17572026.jpg
c0312063_17581404.jpg
(ミシガン湖の水辺)

c0312063_17592213.jpg
(ホテルの部屋から:ビルの間に朝日が差し込む)
c0312063_18004144.jpg

(湖畔から眺めたシアーズタワー)


シカゴでは韓国や日本の友人達をはじめ、

フランスなどいろんな国の人達と出会え、とても有意義な4日間でした。


そして、9月7日(日曜日)夕方に帰ってきて、

このブログを書いているわけです。

さて、話は車を手に入れた日、8月31日に戻ります


車を駐車場に止めて部屋に戻ろうとするときでした。
視線を足下からやや上にずらしたとき、

何か動くものに自然に焦点が合いました。
のら猫だと思いました。
というのも、色が白と黒

日本的常識では野外を歩き回る小さな動物で、

白と黒とくれば「(ぶち)猫」に決まっています!。

(まっ、別に「犬」でもいいんですけどね・・・)


猫、猫、猫、・・・

そう、誰もが猫だと思う!・・・と思うんだけどなあ。

きっと、・・たぶん・・・。


だけど・・・わかった・・・、違うって。

んで、足が止まった

向こうじゃなくて私の足


背中に、確かに戦慄が走った


なん? 


なん? これ・・・


は?・・・


はあ??・・・


あああああーーーー?   

なんじゃあ、これはっー!

c0312063_18040588.jpg

すっ、スカンク・・・ですたい!

(もう、こうなりゃ、ヤケですたい!050.gif

 

いやね、もうかれこれ2ヶ月になりますからね、

たいてい顔見せは一巡したと思ってたんですよ。


まっ、シロアリコウモリ・・・。ねっ、まあいいでしょう

いわゆる・・・いたってね。・・・まっ、そこにね。


確かに私の部屋の中のコウモリには驚愕しましたが、

コウモリ自体は見てますからね、小さい頃から。

いわば免疫があるわけね。


・・・だけど今回ばかりはね、

ちょっとねえ、・・・すみません、勘弁してよー!


・・・自然や生き物が好きだとは申し上げてきました。

そして、優れたブログを訪れては、

そこに写されている花や風景、

カエルや蝶やトンボの写真に驚いてまいりました。


でも、もう生き物が好きなどと言わない方がいいのかもしれません。


だって、


いったい、次は何なんだー!

まっ、もうヤケですたい・・・フッ


[PR]
by pmc-beetle | 2008-09-08 10:01 | 自然・動物 | Comments(2)