2年あまりのアメリカ単身生活を終え,2010年9月から日本で活動再開.子供の頃に記憶された「脳の中の原風景」を頼りに,ふるさとの自然の良さを探す心の旅に出ています.
by pmc-beetle
カテゴリ
全体
車・エコ・エネルギー
自然・動物
身近なできごと
戦争
食生活
健康
旅行
人生・雑感
コンサート
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
お気に入りブログ
Sippo☆のネイチャー...
最新のコメント
ワインが造られる現場を見..
by pmc-beetle at 09:14
ワインを、たっぷりと ..
by Sippo5655 at 22:47
ありがとうございます. ..
by pmc-beetle at 08:30
プチ同窓会! いいな、..
by Sippo5655 at 22:05
ありがとうございます。 ..
by pmc-beetle at 16:27
お久しぶりです!! い..
by Sippo5655 at 21:56
クマゼミの体格はアブラよ..
by pmc-beetle at 13:00
クマゼミ、いつか見てみた..
by Sippo5655 at 22:10
変な進み方をする台風が増..
by pmc-beetle at 07:42
「逆走台風」なる言葉はこ..
by Sippo5655 at 22:47
メモ帳
最新のトラックバック
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
Napa Valley 2018
at 2018-11-25 14:07
「ホークス優勝!」 in 同窓会
at 2018-11-04 15:22
真夏から秋へ 2018
at 2018-10-14 15:03
立秋過ぎたんですけど・・・
at 2018-08-11 12:07
A Summer Day
at 2018-07-29 00:26
Walking in Green
at 2018-05-20 01:07
Spring 2018
at 2018-05-03 17:48
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

風に吹きもどされ、風に乗って・・・。

c0312063_17103974.jpg


[PR]
by pmc-beetle | 2008-12-26 07:45 | 旅行 | Comments(4)

Wonderful Tonight!

いま2008年12月21日、夜10時過ぎ(書き始めの時間でございます)

ラボの盛大なクリスマス・パーティーから帰宅。

c0312063_17334052.jpg

                (↑ Partyの一コマ。飾りの向こうにピアノとステージ)


帰宅後、暖かい部屋で、コーヒーを飲みながら、

バナナのSugar spotの発生状況を確認しながら(しつこい?)

Eric Clapton「Wonderful Tonight」(YouTube)

・・・しみるぜ・・・。



音楽を聴きながら、

アメリカが好きになっていく自分を感じています。

みんな素敵に優しい(涙)

大人の余裕を感じます。



経済が、金融がっていう話題がないもの、

こんな惨憺たる状況なのに。

(世界中が迷惑しているのに、脳天気なのかもしれないけれど、

そこが彼らの本当の強さかもしれませんね。ちょっと、まだ本気になるのは早いかなっていう、

一種の余裕なのかい?・・・でも、はよう本気にならんかい!)


いずれにしても、ほんとにWonderful Tonightでした(^^)。



イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ハンガリー、

トルコ、中国、韓国、日本、タイ・・・(まだあったかも)

いろんな国から集まった人たち。


ラボマネージャーのピアノ伴奏に合わせ、それぞれの母国語で、

「きよしこの夜」(ドイツ生まれの讃美歌「Stille Nacht」)を歌いました。

もちろん日本語もね。

そして最後に、みんなで大合唱。

まるで「We are the World.」(古いかな?)(写真下↓)

c0312063_17103990.jpg

だけど・・・、

「ラボの」クリスマス・パーティー・・・。

「なんでこんなにお金があるの?ラボに」、

って思いながら、話して、食べて、歌ってました。


日本のラボは(ごく一部を除いて)、みな貧乏

レストラン貸し切りのパーティーなんか、

・・・なんか、・・・ふっ、夢さ(;;)


ところで天気は最悪

19日(金曜)から大雪でした

c0312063_17103940.gif



しかし、この地方は除雪車がすぐに出動。

ライフラインとしての道を確保。

とくにハイウエイは大抵動いています。


そして、こんな大雪でも、

なんとかしてパーティーにたどり着くみんなの根性

えらい!

すぐに弱音を吐く日本の道路とは大違いですし、

人々の肝もすわっています。


実は、結構、雪は降っていて、

九州もんの私にとっては、大変つらい季節のプロローグでございます。

19日、金曜は、午後から夕方までに、一気に25センチ積もりました。

ご覧ください(↓)。

c0312063_17103983.jpg

         (20日、夜の公園で・・・。ところで、私、いったい何してるねん?


さて、この公園について。

次の写真、見覚えありませんか?

8月31日エントリの「私は見た!公園で・・・」に登場のベンチです。

c0312063_17103958.jpg

            (いっそう哀愁が漂いますねえ・・・)


ちなみに真夏のオリジナルはコレ(↓)。・・・今日はサービスしちゃうよー。

c0312063_17103913.jpg

ところで、

クリスマス・パーティーを、

こんな風に家族や友人たちと一緒に楽しめるって、

彼らの「文化」なんだなあって思いました。

日本には「家族とともに楽しむ」公式の行事って、

ほとんどないですからね。


日本の飲み会って、組織のなかの男同士だったりして、

まあ、一度くらいはいいのですが、

くどい部分もありますからね。

新鮮なパターンを取り入れるのも、結構なことだと思いました。


パーティーの終盤、ふと窓の外を覗くとき、

こんなありがたいお姿に出会いました(↓)。

c0312063_17334576.jpg

私、弱いんだなあ、

このお姿に・・・。

脊髄反射が作動し、

両手をあわせ、

ぶつぶつ(仏々)唱えながら、その場をあとにしました。


そして、外で待っていたのは、雪かき・・・。

車の上には氷と雪

それを専用の棒でかき落とします(凍り付いたリアウインドウ↓)

c0312063_17103994.jpg

・・・

日本のみなさま。

クリスマスには、

ぜひ「きよしこの夜」を熱唱しようではありませんか。

仏さまと一緒に・・・。

Merry Christmas!・・・ぶつぶつ


[PR]
by pmc-beetle | 2008-12-22 14:24 | 人生・雑感 | Comments(4)

カウントダウン!

日本上陸まで、あと9日


あーっ、帰るったいねー(←やや語尾を上げる)と、

しみじみとした気分になっているのでございます。

(あっ、たんに一時帰国なんですけどね)


うーむ、駆け足に過ぎ去った半年・・・。

(2008年前半の記憶は「ない」に等しいなあ)


もうすっかり米国生活に慣れてしまってますけど、

最初は、大袈裟に言えば、

「どうやって生き抜くか」を考える毎日でした。


銃弾をよけるにはどうしたらいいか、

カツアゲに遭遇したら、

命と引き換えにどのくらい差し上げたらよいのか・・・。

こまごまと考えておりましたが、

まったくの杞憂でございました。


そういえば、日本とのメール交換もしだいにふえてきたような気がします。

「みんな、忘れてなかったんだねー(うくっ、嗚咽)

2週間の日本滞在期間中の予定が、みるみる埋まっていきます。

もちろん、多くは仕事関係です(嘘バイ)


頭の中は、というと・・・、

今、いろんな「刺身」が泳いでいます。

(こっちでは、よか魚は食べられんけん)


つまり、私の脳は、

小料理屋の水槽状態になっているわけです。

ただ、さすがに水槽のなかの魚やエビは高いので、

最初から「活き造り」はあきらめ、

「切り身」を泳がしているところが、

私の脳らしい仮想世界です。

相変わらず、せこい脳だといえます。

妙なところで計算高い、情けない脳です。


さて、周囲はHolidays。

クリスマスの雰囲気が充満しています。


そんな中、2つのパーティー


1つは6年間の滞在を終えて帰国される日本人研究者を交えての会。

「視覚」の研究をしておられる浪速大学のかた(白い巨塔っぽい?)

某雪国大学に職を見つけられたとのこと。

網膜から入った信号を、

脳はどう処理しているのか、

なーんていう難しいことを研究していらっしゃる。

記憶のメカニズムにも関係しているらしい。


とすると、「水槽を泳ぎまわる刺身」も、

視覚情報の再構成の過程で、

私流にねじ曲げられた記憶の産物でありましょうか...。


地ビールでいい気分になったとき、

以前からの疑問を彼に訊いてみました。


私:「なんで、音楽って頭の中で再生できると?」

彼:「...?...」

私:「だって、不思議でしょう。

  ひとの声音も、

  ビートルズの曲も、

  オーケストラが出す複雑な音の集合も、

  なーんの苦労もなく再生できるんですから。

  鼓膜が震えていないのに、なんで「鳴る」んですか?」。

パブでの脳神経学講座。

結局、理屈はわかりませんが、

再生される音は、

記憶関連分子(蛋白?ペプチド?)が鳴らしているんでしょうねえ。


不思議だけど、とりあえず、専門が違うし、

将来の課題ということで...。で、お開き。


もう1つのパーティーは、現地のかたと。

食事をごちそうになりました。


英語の瞬発力は向上しましたが、

まだまだ語彙不足を痛感。

(でも1年半後は「ペラペラ」状態になってやるー!)

と、いつものように心の中で叫んでいました。


このかたの家は郊外にあり、

周りはとても静かで、ときどきシカが出るとのこと。

(しかし、シカとは...。ん?)


なんとラッキーなことに、

パーティーが終わった夜、

帰りにそのシカを見つけました。


暗がりに神々しく光を放っていました。

ピンぼけですが、どうやら親子のシカのようです...。

ごらんください()。

c0312063_13375420.jpg

このシカたち、なんと電気で光っています!

そ、そして、なんと首が上下に動いているではありませんか!

(←予算のためか、先頭のシカのみ)

こんなクリスマスの飾りが、

各家庭の庭先にたくさん置かれていました。

周りが暗いので、ひときわ明るく見え、

地域全体が幻想的な雰囲気を醸し出しています。


おなじみのサンタさんや、シロクマ、

小人、その他いろんな小動物が光っていましたよ。

(それぞれにどんな理由があるのかは不明ですが...)


沈み込んでいる世界経済...。

こんな明るさを早く取り戻してほしいものです。


(ひとりごと:帰国前に、もう一回くらいアップできるかなあ...)

追加発言:あのー、シカは本物のシカが出ます。念のため...。

See you!
049.gif

[PR]
by pmc-beetle | 2008-12-18 01:46 | 身近なできごと | Comments(4)

*Snow*Snow*Snow*

初雪です。

(去年もおなじ12月7日だったとか)


でもほんのりって感じ。

気温がそれほど低くないのか、

路面の雪は溶けかかっています。


犬の気持ちになって(犬よ、ほんとに雪はうれしいのか?)

朝7時から、あたりをウロウロ・・・。


まだひっそりとしている裏通りの一枚です(↓)。

c0312063_17103885.jpg

近くの広場。夏はみんなサッカーしてます(↓)。

c0312063_11030950.jpg
c0312063_11015401.jpg

ひとさまの家(↓)。

c0312063_11001580.jpg

散歩中、犬の目に飛び込んできた新事実・・・。

新聞配達のオッチャンは、この地区では日産のセダンに乗っていました。

軽トラってないんですねー。

元気よく、玄関に向けて新聞を放り投げていました(しまった、写真がない)


玄関先の犬の足跡・・・(↓)。

c0312063_11034978.jpg

さあて、今日も元気に走り回るか・・・。

See you!049.gif


[PR]
by pmc-beetle | 2008-12-07 22:09 | 自然・動物 | Comments(4)

懲りないバナナ・・・

Sugar spot・・・。


ほんとに・・・、なんかなー、

わからんままにしておくと気持ちが悪いというか、

寝付きが悪いというか・・・。

(ほんなこつ、なーんが原因なんやろか?)


二週間前、上司(外人)に「いま、マジでこんなの(sugar spot)に悩んでるんです」

と話したら、失笑をかいました。


ええ年こいて、アホか、ってことでしょうね、きっと。

まっ、慣れてますけどね。

そんな常識的レスポンスには。


で、いまはどうかというと、気にはなりながらも、

さすがに、一時帰国前にやらなきゃいけない仕事がいーっぱいあるので、

バナナごときに(す、すまんな、バナナよ)かまっとられんとよ

(かまってられないのよ)。


ただね、バナナ君、ちょっと前まではね、

私はね、君のことをほんとに、まじめに、真剣に考えていたのだよ。

君の皮膚のことを・・・。

さて、実験に用いました材料でございますが、

Parafilm、ガーゼ、エタノール、

抗生剤(ストレプトマイシンとペニシリンG;細胞培養用)です。

c0312063_17103723.jpg

バナナは市販の食用バナナ(5本)。

右2本を対照群(コントロール;無処置群)としました。


c0312063_17103829.jpg

このバナナに下の写真のごとく処置を施します。

抗生剤を浸したガーゼ

を浸したガーゼ(ともにパラフィルムで固定)

中央バナナの丸印は、左に水右にエタノールを塗布した領域。


いずれのバナナもメッシュ状下敷きの上に静置したまま、経時的観察をおこないます。

c0312063_17103836.jpg

あっ、今回の実験の狙いを申し上げておかないといけませんでしたね。

前の実験で、エタノールでSugar spotの発生を抑制できたことなどから、

「Sugar spot細菌説」が浮上していました。

ですから、抗生物質を用いたら、もっとはっきりするだろうという考えです。


Day 4・・・。

c0312063_17103880.jpg

実感開始3日目から出現し始めたSugar spotは、さらに明瞭になってきました。

ところが、ここである失敗が発覚。

右側の丸印(エタノール塗布)が黒くなっています。

念入りにエタノールを塗りすぎた結果、

バナナ表面の細胞が死んでしまった(凝固壊死)のです(くー、不覚!)


・・・ん?

対照群のバナナが1本ないね・・・。

(・・・お腹が減ったので、食べてしまいました。)


Day 5・・・。

バンドをはがしてみました。

c0312063_17103891.jpg

悩ましい結果でした。

右端のバナナ。いい感じです。


水バンドのところは、Sugar spotだらけ。

一方抗生剤バンドのところは、Sugar spot少なめ

勝負あったかに見えましたが、左端のバナナでは差がありませんでした。

この問題は今後の検討課題です(おい、本気か?)


細菌を想定し、培養を試みたこともありました。

ラボにバナナを持って行き、

Jazzを聴きながら次の操作をしました。


バナナ表面のSugar spot部を切除し(左)、

リン酸バッファー液中で懸濁し(右)、

遠心したあと上清を採取。

その一部を大腸菌培養用のLB培地(寒天)に播きます(小さな穴を作ってます)

これを37℃でインキュベート。さて、どうなったかなー?


結果は、残念・・・。

菌は生えてきませんでした。

培地にアンピシリンという抗生剤をいれていたのが原因だったかもしれません。

(ほんとの実験には、大抵入れたものを使うので、

間に合わせにそれを用いたのがいけなかったかもしれません・・・。)


あるいは、バナナの皮に含まれる何らかの成分が菌の発育には必須で、

それがない条件下では育たないのかもしれませんね。


いろんなことを想像しながら、次を考えていましたが、

帰国までのカウントダウンが始まりましたので、泣く泣く中断いたしました。


実は、今日も昼にバナナを食べたのですが、

皮をむくとき、「あれっ」と思いました。

バナナの下に敷いていたメッシュの模様が皮についていたのです。

c0312063_17103865.jpg

メッシュが弾力のある素材だったので、湿度と温度が保たれ、

「Sugar spot菌」が繁殖したのだと思います。


こうしてみると、

「たかがバナナ、されどバナナ・・・」でした。


あーっ、こんなことばっかりしてるから、仕事がーっ・・・!  (ふうーっ)


See You!



[PR]
by pmc-beetle | 2008-12-07 14:04 | 食生活 | Comments(4)