人気ブログランキング |

2年あまりのアメリカ単身生活を終え,2010年9月から日本で活動再開.子供の頃に記憶された「脳の中の原風景」を頼りに,ふるさとの自然の良さを探す心の旅に出ています.
by pmc-beetle
カテゴリ
全体
車・エコ・エネルギー
自然・動物
身近なできごと
戦争
食生活
健康
旅行
人生・雑感
コンサート
未分類
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
お気に入りブログ
Sippo☆のネイチャー...
最新のコメント
最近,ほんとに気候変動が..
by pmc-beetle at 23:04
水不足も怖いけど、 水..
by Sippo5655 at 21:56
何とか生きております(笑..
by pmc-beetle at 09:56
お久しぶりでっす(*´∇..
by Sippo5655 at 21:43
日差しも強くなってきまし..
by pmc-beetle at 10:46
ご無沙汰しておりました。..
by Sippo5655 at 22:28
> Sippo5655さ..
by pmc-beetle at 12:37
遅らばせながら 新年明..
by Sippo5655 at 22:32
Sippoさん こ..
by pmc-beetle at 09:15
beetleさん こんば..
by Sippo5655 at 22:27
メモ帳
最新のトラックバック
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
線状降水帯の怖さ
at 2019-07-21 22:18
梅雨は何処に
at 2019-06-23 23:17
春の足取り
at 2019-03-31 19:27
Happy New Year..
at 2019-01-01 01:39
Napa Valley 2018
at 2018-11-25 14:07
「ホークス優勝!」 in 同窓会
at 2018-11-04 15:22
真夏から秋へ 2018
at 2018-10-14 15:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スーパー猛暑

いや~、まいった。まいった!


 


36℃など、当たり前じゃん。


 


 


で、「ここは本当に日本か?」と、


先日、家人に問いかけてみました。


「馬っ鹿じゃないの。ここ、2年前、あんたがいたところだよ」と、


何のひねりもない答え・・・。


家人も、どうやら暑さで短気になっているようです。


 


帰国後はこんな調子で、


浦島太郎の気分を引きずったままの一週間でした。


 


ところで、家人はむやみに元気です。


我が家の伝統として、


この夏もクーラーを使用していません

c0312063_19102136.gif


・・・なぜか、皆、元気です。


クーラーはありますが、動かしていないのです。


 


狂気の沙汰ですが、


こんな忍耐強い家族が、私の自慢の一つです。


 


が、同時に、私にとっては手強い交渉相手・・・。


どうやってクーラーを動かす権利を得ようかと、


日々、考えを巡らしているところです。


いまのところ、


「迫真の熱中症」を演じるしかないと思っているのですが。


(大根役者じゃダメかのお~)


 


 


今朝(31日)、「この夏の天気を総括してみましょう」などと、


のんきなことをテレビが言っていました。


 


この暑さを形容する言葉が、


次第になくなってきたようで、


ついに、「スーパー猛暑」という言葉を繰り出す始末。


いかにも日本的な言葉遊びに、


「ああ、やっぱ帰ってきたんや」と、不思議に安堵。


 


そのテレビが始まる前、


起き抜けに、軽くジョグしてきました

c0312063_19101755.gif


もともと走っていたし、アメリカでも走っていましたが、


ちょっとブランクが長すぎました。


 


で、あまり無理せず、カメラを持って、


朝陽に染まる水田を撮ってきました。


 


c0312063_19103080.jpg


 


c0312063_19103091.jpg


 


やっぱ、日本の原風景は、


どんなときにも、すう~っと心に入ってきます。


とくに、「実り」を想い起こさせる稲や水、


太陽を眺めていると、心が落ち着いてきます。


 


ここ2,3日、強い夕立があったので、


今朝はひんやり。


キラキラ光る水滴が、


稲の葉を飾っていました。


 


c0312063_19103086.jpg


 


稲穂が出たときに、また撮ろうと思います。


 


カエルや水中生物も活発に動いていましたよ。


 


 


実り多き、普通の秋が来ることを願って・・・。


 


(ブログのトップページ変えなきゃなあと思いつつ・・・。暑かけんのお~。)


 


by pmc-beetle | 2010-08-31 11:14 | 自然・動物 | Comments(8)

太平洋が見えた!

8月17日、

ニューヨークから西へと飛び立ちました。

5時間半でラスベガス

日本の酷暑も真っ青の42

昼、「何だか息苦しいなあ」と感じた理由がわかりました。

これに湿度が加われば、イチコロ。


さて、泊まったホテルはThe Venetian

イタリア調で統一されたホテル。

「全室スイート」などと自慢しています。


もともと土地代が安いので、

部屋を広くとることができます。

最近、こんなホテルが増えているらしいとのこと。

(部屋代もリーズナブル)


まずは部屋の様子を(↓)。

c0312063_19102694.jpg

c0312063_19102668.jpg

(ひとりには広すぎます。それに、慣れない段差でコケそうになりました。)


正面には「ミラージュ」。

巨大ホテルが林立しています。

c0312063_19102686.jpg

Venetianのロビー風景(↓)。

c0312063_19102666.jpg

天井はルネサンス風です(↓)。

c0312063_19102616.jpg

ゴンドラ遊びもできるようです(↓)。

c0312063_19102657.jpg

室内と外の水路はつながっています。

下は室内のようす(空に見えるのは、天井に描かれた絵です)

c0312063_19102617.jpg

船頭さんが歌って拍手喝采。

 

ところで、

部屋のシャワールームの「つまみ」に、

おもしろいものを発見(↓)。

c0312063_19102779.jpg

目玉のように見えるノズルから、ミストが勢いよく出てきます。

お腹まわりが温まってよかったですよ


ホテルの夜景。

c0312063_19102750.jpg

カジノは、24時間元気です(ゲームセンターみたいです)

c0312063_19102757.jpg

ギャンブルには興味がありませんでしたが、

試しに1ドル札を使ってスロットルを回してみました。

その結果、10ドルゲット!

c0312063_19102743.gif

こういうことが、「病みつき」を作り出すのだな・・・

c0312063_19101765.gif

危ない、危ない。(でも、ちょっと嬉しい)



18日早朝、お目当てのグランド・キャニオン旅行です。

日本人だけのツアーに応募していました。

バスで片道およそ5時間

かなり遠いですが、

ガイドの巧みな説明で、

「へえ~」などと感心しているうちに近づいていきます。


曇りでしたが、

もう説明なしで、

ガンガン写真をご覧いただきましょう。

c0312063_19102733.jpg

c0312063_19102781.jpg

c0312063_19102746.jpg

(人が座っているの、わかります?)

c0312063_19102979.jpg

c0312063_19102972.jpg
c0312063_19102943.jpg
(↑;リスもいました。下は餌付けしていたプロビデンスの「リスオ」。)

 

ちょっとタイトなスケジュールでしたが、

一度は見たいと思っていた

グランド・キャニオンを見ることができて満足。


20億年の時の流れを、

重層した地層の中に感じました。

(瞬きほどにも満たない短い人生って・・・)


翌朝、レンタカーを借りて、

ラスベガスからサンディエゴへ

砂漠の中を、5時間ノンストップの運転で到着!

c0312063_19102950.gif

c0312063_1910298.jpg

(カローラクラスの小型車を予約していましたが、しっかりした4WD。)

c0312063_19102923.jpg

(ハイウェイはまっすぐ砂漠を横切っています。)

c0312063_19103097.jpg

(ひたすら、乾燥)


後輩が留学しているラ・ホヤ(←地名)で、

潮風に触れ、ほっと一息。 

その後、

太平洋に沈む夕陽を眺めながら、食事をしました。

(後輩・・・、男っす。057.gif


そのレストラン(The Marine Room)には、

なんと「(水戸)黄門様」がいらっしゃいました。

里見浩太朗と、そのご友人と見られる方々(計3名)・・・。


アメリカは広大だと思っていましたが、

いわゆる世の中は狭いものです。


さて、いまサンフランシスコ空港です。

あと1時間弱で、日本へ向け出発です。


ANAのテーマソング(?)、

「Another Sky(葉加瀬太郎)」が、

(耳と書くべきか?)の中で鳴り響いています。


時間がなかったので、

ちょっと端折り気味ですが、

アメリカからのレポートは、

とりあえずこれにて「終了」

ご訪問、ありがとうございました!

See you!

c0312063_19102141.gif




by pmc-beetle | 2010-08-21 03:54 | 旅行 | Comments(4)

なまぬるいニューヨーク

プロビデンスを離れてはいるものの、


まだ、東海岸


1年前を懐かしんで、いま、ニューヨーク


 


時間帯が同じですので、


遠くにきた感じがないですねえ。


 


帰国の旅というより、


息抜きの旅という感じ・・・。


 


Amtrakで移動し、


Penn Stationから、とことこ歩いて安宿へ。


スーツケースが重い!・・・

c0312063_19101977.gif


駅内に数カ所の階段がありましたが、


重すぎて、腕がもげそうでした。


 


チェックイン後、なぜか仮眠をし、


辺りをうろうろ。


 


不思議なもので、


どういうわけか、足は自然と「昔来た道」へ・・・。


 


宿は30th St.ですが、セントラルパーク(60th)まで北上。


公園には岩がゴロゴロしていますが、


その上で、イチゴのスムージー(Smoothie)をチロチロ飲みながら、


「スハ~ッ」と脱力・・・。


 


c0312063_19102519.jpg


 


この「Jamba Juice」、結構、はまります。


昨年も飲みましたが、夏に最適。


おすすめでござる。


 


c0312063_19102563.jpg


 


c0312063_19102546.jpg


 


公園内には、小さな滝や池(↑)。


暑さを忘れさせてくれます。


 


あまり長くいると、


ほんとに魂が抜けていくおそれがあったので、


再び南へ・・・。


 


今日も元気なタイムズ・スクエア


 


c0312063_19102529.jpg


 


ちょっと警備が厳しくなっている感じがしました。


テロ未遂の影響でしょう。


 


 


夕方、日本食を食べようかと思っていましたが、


すぐに食べるようになるので、


なぜか、Irish Pubへ・・・(46th St.)。


(ちょっと小さいけど、中央の緑の看板。O'BRIEN'Sというお店。)


 


c0312063_1910258.jpg


 


ほろ酔い気分で帰室。


さあて、明日からがホントの旅行かな・・・

c0312063_19102584.gif


 


by pmc-beetle | 2010-08-17 14:59 | 旅行 | Comments(4)

ぼちぼち出発

ついに、その日を迎えてしまいました。


 


昨日(15日、日曜)、


同僚の皆さまに、心温まる送別会を開いていただきました。


美味しかったです。ありがとうございました。


 


帰宅後、


感動の涙で枕を濡らしながら、


「酸っぱかった」アメリカ生活を、


独り回顧しつつ眠りに就きました。


 


いま、16日、朝です。


・・・。


 



このあと、5日ほどアメリカを漂流しつつ、


咀嚼しきれなかった仕事のことや、


楽しかった想い出、辛い記憶を反芻してみたいと思っています。


 


さよなら、プロビデンス


さよなら、ニュー・イングランド・・・

c0312063_19102141.gif



 


by pmc-beetle | 2010-08-16 19:41 | 旅行 | Comments(2)

また「燃えた」!

今年、


独立記念日花火は、何やら感傷的でした。


近くのIndia Point Park(←よく散歩したところ)で打ち上げられた花火の音が、


日本の花火の音のように聞こえていました。


すごく蒸し暑い日で、なおさら日本的に感じました。


 


その花火からすでに一ヶ月以上経ちました。


 


んで、気がつけば、なんと、


ここ(プロビデンス)を離れるまで、あと一週間(絶句!)


 


昨日(8月7日)、日韓共催の「さよならparty」を開いていただきました。


送別のお品(↓)までいただき、感無量でございます

c0312063_19101977.gif


 


c0312063_19102469.jpg


BROWN大学の校章が入ったプレゼント。


「ペン立てで酒を飲まないように」と、釘をさされました。)


 


皆さま、本当にお世話になりました。


ありがとうございました(号泣!)


 


さて、涙で濡れた目頭をおさえつつ(うそでござる)


長い沈黙を破ってのブログ復活!」


 


で、まずは「2度目の火事」から。


 


ところは私たちのラボ。


7月3日(土)(←意味はないけど、独立記念日の前日)、午後1時過ぎ。


私の鈍い鼻が、突如異臭を感知しました。


「なん、これ?。くせ~な。」・・・。


と次の瞬間、けたたましい警報音がビル中に鳴り響きました。


 


2009年2月26日の悪夢(←ボヤ騒ぎがあった)が脳裏をよぎりました。


(↑ 2009年3月1日付けアップのエントリをご覧下さい。)


 


「火事か?」と、とっさに思ったものの、


まずは小ボヤを疑い、火元(煙元)を確認するため、


4階をうろうろし始めました。


 


が、しかし・・・、


小ボヤではなく、ホンマモンの火事でござった。


 


煙が天井伝いにこちらに向かって来ていました。


さすがに恐くなりました。


 


4階には私一人しかいなかったという恐怖と、


どうやら「第一発見者」らしかったので、


放火犯として取り調べられるのではないかという二重の恐怖です

c0312063_19102456.gif


 


大事な実験中だったこともあり、


運の悪さを呪いながら、


反射的に曲げた足腰を保ちつつ、非常階段へと向かいました。


 


セキュリティのオッチャンがその階段から上がってきていたので、


「こっちじゃ、こっちじゃ、燃えとんのは!」と、


オッチャンを、煙が見えるところまで誘導しました。


その後、オッチャンとともに逃げました。


オッチャンはトランシーバーで、何かしゃべっていました。


外には、すでに違う階から数人が出てきていました。


 


すると、5分経たないうちに、


続々と消防車、はしご車、動くICU(集中治療室)


ドリンクサービス車(Canteen Car)、など計10台くらいの車が


ビル周辺に集まりました。


 


前回のボヤ騒ぎでは5台程度


はしご車は来たものの、Mobile ICUやCanteen Carは来ませんでした。


連絡の迅速さに加え、状況判断の正確さがうかがわれます。


 


フル装備の消防服で手際よく働く消防士や、


ICU車からベッドを外へ出し、待機する人々の姿が見えました。


映画みたいでした。


 


外でぶらぶらしていたら、


警官風の人に呼び止められました。


 


彼:「あんた、どこにおったと?」


私:「4階でござる」


彼:「・・・。じゃ、ちょっと、こっちに来んね」


私:「

c0312063_19102136.gif
」。(まずい、疑われとるぜ!)


 


しかし、連れて行かれたのはICUでした。


血圧と血中酸素濃度(指先から)を測定してもらいました。


血圧は172と、気が動転していたことがバレバレの数字でした。


 


それが終わって再びぶらぶらしていると、


今度は別のオジサンがやってきました。


一瞬、構えましたが、


「何か飲み物はいらんかね?」と尋ねてくれただけでした。


 


確かに喉が渇いていたので、


用意してあったゲータレードと水を飲みました。


(オジサン、ありがとう!)


 


 


で、原因はどこだったかというと、


屋上にあった空調設備


そこから屋根裏伝いに、


階下の4階へと延焼しつつあったという状況でした(↓)。


 


c0312063_19102466.jpg


 


c0312063_19102442.jpg


 


c0312063_19102590.jpg


(↑ 4階の実験準備室。軽くこげてます。)


 


3時間ほどして建物内への立ち入りを許されましたが、


プラスチックが燃えた強烈な異臭が漂っていました。


 


そんな中でも実験の続きをしたので、


翌朝、喉が痛くなってしまいました。


(職業柄、自分がアホに思えました・・・)


 


・・・


とまあ、そんな事件があったのさ。


 


今日は、生存報告ついでに、


ちょっと昔の事件をアップしてみました。


 


 


もう一回くらい、ここNew Englandからのご報告ができれば・・・。


 


See you!

c0312063_19102141.gif


by pmc-beetle | 2010-08-08 22:40 | 身近なできごと | Comments(6)